起業・創業時の資金調達方法について

起業・創業時の資金調達方法について

会社を創業・起業したいときにはまとまったお金が必要になります。外部からお金を調達することを資金調達と言いますが、実は様々な方法があります。方法は大きく2つに分けられますが、それぞれ見ていきましょう。

まずはアセットファイナンスという方法です。アセットとは企業のキャッシュフローを返済原資にした方法のことです。例えば不動産は代表的な例で、この他には金融資産や知的財産権など、キャッシュフローを生む資産ならアセットと呼ばれます。ファクタリングも近年注目されている調達法です。売掛金を第三者のファクタリングに買い取ってもらう仕組みを言います。

企業の信用力を担保にする調達方法はコーポレートファイナンスです。コーポレートは企業価値の最大化を目的とし、資金を調達したら事業に投資し、資金の返済や還元を行います。市場から調達する場合もある方法です。コーポレートファイナンスはさらに2つの方法に分けられます。デットファイナンスとエクイティファイナンスの2つです。

デットファイナンスは銀行借入や債券発行などにより資金調達を行います。様々なところから借入先を選べることがメリットです。銀行の他には日本政策金融公庫やビジネスローン、自治体の制度融資や手形割引、私募債や家族・友人からの借入もデットファイナンスに入ります。税務上の処理は損金になるので税金を抑える効果があります。デメリットは借入の比率により自己資本比率が下がるところです。信用力が落ちるとみなされる可能性があります。

エクイティファイナンスはベンチャーキャピタルからの出資や個人投資家からの出資を資金源とする調達方法です。例えば株式と引き換えに出資を受けるのは一般的な方法と言えます。メリットはベンチャーキャピタルや個人投資家に返済義務が発生しないことです。自己資本も増強され、財務基盤は安定するでしょう。デメリットは株式を発行するため、場合によっては経営権を取られる可能性があります。また、原則返済義務はありませんが、株主に対して配当金を支払わなければなりません。

以上が創業や起業するときに助けとなる資金調達法です。それぞれにメリットとデメリットがあることが分かったのではないでしょうか。最後に付け加えとして自己資金で起業することも、もちろんできます。自由に経営でき、返済や利息の心配がない方法なので、もし自己資金が十分にあればベストな方法です。それでも多くの人は創業に伴うお金を自分のみで賄うのは難しいでしょう。その場合はここで紹介したものを検討してみてください。

関連記事はこちら

google+TwitterFacebookハテナポケットフィード