急な資金繰りに困った時はファクタリングを活用するのが良い

急な資金繰りに困った時はファクタリングを活用するのが良い

株価が上がり就職率も上昇し、好景気と言われている現在ですが、銀行の預貸率は年々低下していると言います。
資金需要が減っていることがひとつの要因ですが、中小企業をはじめ多くの会社は資金繰りに苦しんでいます。
金融機関から借入するのはハードルが高く、特にメガバンクは信用力がないと融資してくれません。
地方銀行や信用金庫といった地方金融機関についても厳しいと感じる経営者は多いようです。

このように現在、経営者にとって資金繰りは重要な課題となっています。
ただ、新しい資金繰りの方法として注目されるものが出てきました。
それが企業ファクタリングです。
ファクタリングとは企業の売掛債権を第三者のファクタリング会社が買い取ることで行う資金調達です。
アセットファイナンスの一種と言えます。
最近、経済産業省がこの資金調達を周知したことで一層注目度が集まりました。
さて、どうしてこのような仕組みが可能になっているのでしょうか。
ファクタリングの仕組みを見ていきましょう。
会社の商品が売れると期日までに売掛金を支払わなければなりません。
ファクタリング会社はこの会社と会社の間に入ります。
ファクタリング会社が売掛金の権利を買い取り、売掛金が支払われるとそのお金をこの会社に支払います。
つまり、これから入る売掛金や受取手形を先に回収するという仕組みです。

この資金調達は入金までに時間がかかり、急にお金が必要になったときに適しています。
また、取引先や銀行にも資金調達を行ったことが通知されません。
信用力を落とすことなく資金繰りができる方法です。
さらに取引先の企業が倒産して回収できないというリスクも回避することができます。
売掛金や受取手形はこの会社が責任を持って回収する仕組みだからです。
このようにメリットの多い資金調達ですが、注意したいところもあります。
まずは手数料がかかることでしょう。
売掛金の回収は手数料を引いた形で支払われます。
ファクタリングを行うことを取引先に通知する必要はありませんが、トラブル回避のため3社間で合意して進めることもあります。
その際は、売掛先の承諾が必要です。

それでも手形取引では期日まで待たなければなりません。
銀行融資は担保が必要です。何よりも審査には時間がかかるでしょう。
企業ファクタリングは手数料がかかりますがスピーディーに資金が必要なときに助かる資金調達法です。
ファクタリング会社を選ぶ方法をまとめたサイトもあるため、資金調達に困っているなら検討してみる余地はあるでしょう。

関連記事はこちら

google+TwitterFacebookハテナポケットフィード