経営者の悩みを解決するヒントとなるような記事を書いています!

経営者には悩みがつきものです。会社の社長といえば社会的なステータスが高く、一般に給与や資産も高くなるため羨まれる仕事ですが、その引き換えに多大なプレッシャーと責任感などが求められます。会社の最高責任者であり、社員を取りまとめるトップでもあるため、ストレスや忙しさは社員の比ではありません。それでは、具体的に経営者の悩みにはどのようなものがあるでしょうか。

中小企業の場合、トップダウン経営を取っていることが多いです。社長自ら重要な経営判断を行うトップダウンは、あらゆる局面において判断が求められます。中小企業の業績が社長の手柄とされるのは、このトップダウン経営が多いからです。決断はストレスが多く、なかには犠牲を伴うものもあるので辛いところでしょう。

会社の売上は上がっていても下がっていても気になるところです。大企業になれば、これに加えて株価の上下にも悩まされます。職人気質の中小企業経営者は数字に弱い人も多く、帳簿とにらめっこして経営計画を考えていると言います。資金調達の悩みもあるでしょう。中小企業はメガバンクとの取引が難しく、お金を継続的に調達することはいつまでもついて回る課題です。コストの削減も大変でしょう。売上を伸ばしたり、利益を上げるにはコストの削減が大切です。いざとなったらお金だけでなく人材を削減する必要も出てきます。いわゆる、リストラです。社長は人に羨まれる仕事ですが、人に恨まれる仕事でもあります。

経営者の男性これに関連して経営者の悩みにはお金だけでなく人間関係の悩みも多いです。経営者はよく孤独だと言います。トップという立場ですから、社員に弱みは見せられず、会社内では対等の人付き合いも基本的にはできません。孤独を抱える経営者は多いと言います。取締役を置いたり同じ悩みを共有できる社長同士で繋がったりすることがおすすめです。

社員の採用や育成という悩みもあります。大企業のようにネームバリューがない中小企業は人に知ってもらうことですら大変です。現在は転職が当たり前になっており、せっかく採用して育成しても無駄になる可能性があります。ここまで経営者の悩みを紹介しましたが、経営者にはトップにしか味わえない喜びもあるでしょう。経営戦略や理念を立て自分の会社を作り上げるのは大変ですがやりがいのある仕事です。中小企業であれば裁量が大きいので理想の会社作りが実現します。難しいミッションですが、その分、達成感があります。

関連記事はこちら

google+TwitterFacebookハテナポケットフィード