スパイが知らずに済んだ食欲

ねえみんな、「ドラマ」に関して考えてみない?それほど難しい事って無い気がするんだ、「船乗り」のことはね。

ホーム

自信を持って踊る姉妹と暑い日差し

久しぶりの地方への出張の時、初めて仕事でお世話になったAさんは、大柄な上司だ。
初めて会話をして以降クールで、業務以外のお話はまったくできなかった。
前回、ただ何気なくAさんの袖をまくったがっしりとした腕をみてかなりびっくりした!
大きな天然石ブレスがいくつもつけられていたため。
思わず、パワーストーン好きなんですね!と出てしまったくらい。
にっこり笑ったAさんは得意げで、なおかつ子供っぽい表情で、ひとつひとつのストーンの名前語ってくれた。

騒がしく叫ぶ彼と失くしたストラップ
近頃、バラエティで、マックのチキンナゲットの味を味わえるレシピというふうに流していた。
めちゃめちゃうまそうだと感じて、家内に作ってもらいましたが、マックのチキンナゲットの味ではないけれどおいしかったです。
衣がわずかに違ったけれど、中は、チキンといえばチキンだから、俺の舌では、わずかの異なるところは何とも思わず大変おいしかったです。

どしゃ降りの仏滅の夜に昔を思い出す

学生のときから興味はあっても行ったことはないですが、日が暮れての動物園は、夜に動く習性の動物が非常に動いてて昼とは違い見ていて満足できるらしい。
気になってはいても、夜の動物園は行ったことがないけれど、娘がもう少しだけ楽しめるようになったら行ってみようと思う。
もうちょっと楽しめるようになったら、さぞ、子供も笑ってくれるだろうから。
よく行く動物園と異質の空気を自分も家内もドキドキしながら経験してみたい。

のめり込んで泳ぐ姉ちゃんと冷たい雨
営業用で何着か少しだけスーツに似合うYシャツを持っているけれど、絶対購入するときに多く試着する。
そこそこ、シャツに執着するのも変わっているかと感じていた。
そんなときに、先日、シャツはオーダーでと、こだわっていた方がいたので、驚いた。
たしかに、シャツだけできまって見えるし、悪くないかも、と思った。

息絶え絶えで走る君と飛行機雲

また、明日香と麻衣子と旅に行きました。
明日香と麻衣子は、私が通っていた短大の同級生で、同じ時間を共有したクラスメイトです。
しかも、学んだのは旅行関係と英検だったので、観光が、大好きな生徒たちでいっぱいでした。
その中でも、この2人を含む、気の合う6人でさまざまな地へ旅行に行った思い出は忘れられません。
私はもともとそんなに友達が多い方でもないし、しかもそれで良いと考えています。
だから、素直にうれしかったけれど、すぐ隣で麻衣子が満足しているような雰囲気だったのも私のツボでした。

涼しい金曜の夕暮れに窓から
社員で就いていた時の大好きな先輩は、社長令嬢で、これぞお金持ちだった。
痩せてておしゃべりでとにかく元気な、動物愛護の先輩。
愛護サークルなど立ち上げて、それなりに活動を行っている様子。
毛皮着ない、ビーガン、動物実験取りやめ賛成。
一度家に訪問したことがある。
高級住宅地にある上等なマンションで、東京タワーが見える。
その先輩、手入れの行き届いた清潔なシャムと一緒に住んでいた。

勢いでお喋りする兄弟と俺

[確実にこうで決まっている!」と、自分自身の価値観だけで他人を見極めるのは悪ではない。
と言いたいけれど、世間には自我と言われるものが人間の周辺に浮いている。
これらを考えれば自信を手に入れるのは良い事だけど、あまりにも否定するのは良い事ではないのかも?と思う。
当然、これも個人の考えでしかないけれど。
つらい世になってもおかしくないかもしれない。

湿気の多い月曜の夕方はシャワーを
今日は少年は、学校の給食当番だった。
マスクと帽子を着け、白い割烹着を着て、他の給食当番のみんなと、給食を取りに行った。
今日の主食は、ご飯ではなくパン。
バケツのようにフタつきの大きな鍋に入ったシチューもあった。
少年は、最も重い瓶入り牛乳だけは、男の子が運ばないといけない、と思っていた。
クラス皆の分だから38本ある。
なので自分が、バットに入った瓶入り牛乳を持ったけれど、同じ給食係のフーコちゃんが一緒に持って運んでくれた。
重たい瓶入り牛乳を女の子には持たせたくなかったけど、同じクラスでちょっと気になるフーコちゃんと一緒に教室まで歩ける、と思ったので、少年はちょっとドギマギしながら、そのまま2人で牛乳を運んでいくことにした。

雨が降る木曜の晩にひっそりと

チカコの家のベランダにて成長しているミニトマトは、かわいそうなミニトマトかもしれない。
枯れる直前まで水分を与えなかったり、好奇心でコーヒーを与えてみたり、野菜ジュースをあげたり。
ほろ酔いの私たちに、熱燗を与えられたこともある。
ミニトマトの親である友達は、次回ぜひトマトジュースを与えてみたいという。
もはやミニトマトの意思は完全にシカト。

どしゃ降りの休日の午前は昔を思い出す
現在のネイルは、スカルプなど、かなり高度な技術が駆使されているようだ。
気持ち程サービスのある招待券を譲ってもらえたので行ってみた。
人一倍、柄やデザインに対して、悩んでしまうので、デザインを伝えるのに時間を使った。
薬指だけシンプルなネイルアートをしていただいて、かなりテンションが高くなった。

カテゴリ

ページトップへ

Copyright (c) 2015 スパイが知らずに済んだ食欲 All rights reserved.